hapihapi life

【離婚・低収入シングルマザー・難病指定の病気発覚】でも幸せ♪

指定難病97:潰瘍性大腸炎と私の症状

お題「ささやかな幸せ」

 

今年に入って『潰瘍性大腸炎』になっていると発覚しました。

安倍晋三首相が辞任の理由として上げた一つとなり

多く知られる病気となっていますが、日本には22万人以上の方が発症しているそうです。

その一人が私となりました。

 

では、どういう病気なのか?

調べてみました。

 

病名:潰瘍性大腸炎

指定難病:97

症状:血便、粘膜便、下痢あるいは血性下痢を呈するが、

           病変範囲や重症度によってかなり左右される症状です。

           腹痛や発熱、食欲不振、体重減少、貧血などが加わることも多く、

           関節炎,虹彩炎(こうさいえん)、膵炎などの腸管外合併症を

           伴うこともある

原因:いまだ病因は不明

           遺伝子因子と環境因子が複雑に絡み合って、

          何らかの高原が消化管の免疫担当細胞を介して

          腸管局所での過剰な免疫応答を引き起こして、

          発症と炎症の持続に関与していると考えられている

概要:粘膜を侵し、びらんや潰瘍を形成する原因不明の

         大腸のびまん性非特異性炎症である。

         30歳以下の成人に多いとのことですが、

         小児や50歳以上の年齢層にもみられるとのことです。

治療法:症状の重症度により変わりますが

         入院して手術を行う.

 

難病と指定されるのは・・・

〇患者数が年々増加

〇発症の原因がはっきりしない

〇効果的な治療法がない

〇長期的な療養が必要

 

【私のこと】

私は、元々便秘症で

便秘と下痢の繰り返しでした

幼少期の頃からの症状でしたので

そんなものだと思っていました。

自分の体質はこんなもんなんだと・・・

便秘の改善に努めてはいましたが、一時的な効果で

根本的な体質改善にはなっていませんでした。

 

ここ3年くらいで、便秘と下痢がはっきりしはじめて

(便秘が1か月続き、出たと思えば途中から

 下痢になって腸が空になるまで続く・・・というものでした)

今思えば、その頃から粘膜便の症状が出ていたのですが、

粘膜便というものがどういうものか知らず、

今回の病気を知って、調べてみて分かった症状でした。

それまでは、

下痢って、こんなもんなんだと思っていました。

 

検便検査は10年くらい前に1度だけしたことがありましたが

その時は、異常なし

1年前に転職をして

今の職場で検便が必須項目となったので、半年前の健康診断で

血便が「+」となり、再検査となりました。

 

正直、その時は検便の前に便秘で

久々に便が出たので、『切れた』としか思っていませんでした(笑)

ですが、先生が2つの検便で両方とも「+」というのは良くない。

きちんと大腸検査をした方が良いと言われ

その時は、『大腸がん』なのかな?と思っていました。

※親族に定期的に大腸の腫瘍をとっている親族がいるからです

 

そして、2022年に入り再検査に行き、

今回の病気が発覚しました

もし、転職して検便がなかったら

私は、そんな体質だと自分の中で収束させて

何も知らないまま悪化していったかもしれません

 

会社の健康診断に本当に感謝です

※定期的に検査をしてもらうのは本当に大切だと実感しました

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ シングルマザー日記へ
にほんブログ村

 

❤️楽天 my room❤️